アメリカンヘルシーレシピ

ヘルシーブームは今や日本だけではないんですね。

 

 

アメリカでもヘルシーなレシピが増えているそうです。

 

 

肥満大国アメリカ。

 

 

美味しくなければヘルシーでも続けられませんよね。

 

 

美味しいレシピならぜひ知りたいです。

 

 

これらはアメリカの「TIME」誌に紹介されているヘルシーレシピです。

 

 

日本的な発想ではないものもありますが、面白いレシピはぜひやってみたい。

 

 

アメリカでも定番の料理をヘルシーな食材に置き換えて低カロリーに抑えています。

 

 

 

 

 

スパゲティサラダ→ズッキーニサラダ

 

 

スパゲティサラダは日本でも人気ですが、スパゲティは炭水化物なのでヘルシーかどうかと言ったら全然ヘルシーじゃないです。

 

 

美味しいですけどね。

 

 

そこでスパゲティのかわりにピーラーで細切りにしたズッキーニを使います。

 

 

軽く焼いてサラダにすると美味しいそうです。

 

 

 

 

 

バター→アボカド

 

 

パンやケーキを手作りすると意外なほどのバターの量にびっくりするときがあります。

 

 

こんなに使うの?

 

 

ってことはこんなに食べるの?ってほどバターの量って多いですよね。

 

 

バターが多いとリッチな味わいで美味しくなりますが、カロリーも高くなります。

 

 

コレステロール値も上がります。

 

 

そこでバターの代わりにすりつぶしたアボカドを使います。

 

 

畑のバターと呼ばれるアボカドは脂肪も含まれますが植物油の脂肪は健康的。

 

 

アボカドの単不飽和脂肪酸はコレステロールを抑制して心臓病の予防にもなります。

 

 

べジケーキ、日本でも人気ですね。

 

 

 

 

 

砂糖・バター・脂肪分→バナナ

 

 

同じくケーキやクッキーに必ず必要な砂糖、バター・油。

 

 

お菓子を作るには必須ですが、これらをカットしてバナナを使います。

 

 

つぶしたバナナを使うことで甘く、しっとり芳醇な味わいに仕上がります。

 

 

バナナはバナナダイエットブームにもなったように栄養価の高いフルーツです。

 

 

血圧を下げるカリウムが多く、消化器に働きも助けます。

 

 

ホットケーキミックスをバナナを混ぜるだけでクッキー、ケーキ、ドーナツが簡単に作れます。

 

 

 

 

 

クルトン→ナッツ

 

 

日本人はアメリカ人ほどナッツ類を食べる習慣がありません。

 

 

ナッツ類な栄養価が高く健康的な食べ物です。

 

 

スープに浮かべるクルトンは揚げてあるので高カロリー。

 

 

かわりにクルミやアーモンドなどのナッツ類を使うと香ばしく歯ごたえも楽しむことができます。

 

 

グラノーラやシリアルも意外と糖分が高くカロリーは高いです。

 

 

ナッツ類を多く摂って低カロリーを心がけましょう。

 

 

 

 

 

小麦粉→全粒粉

 

 

白い食べ物より黒い食べ物がからだにいいとされます。

 

 

白米より玄米、小麦粉より全粒粉。

 

 

玄米や全粒粉に抵抗があるひとは半分だけ置き換えてみましょう。

 

 

玄米を白米に混ぜて炊くとか、ホームベーカリーでパンを焼くなら全粒粉を半量混ぜて焼くとか。

 

 

味はほとんど変わらずに食物繊維が豊富に摂取できます。

 

 

 

 

 

生クリーム→ジャガイモピューレ

 

 

生クリームを使うと間違いなく何でも美味しくリッチに仕上がります。

 

 

でも高カロリー。

 

 

かわりにジャガイモのピューレを使うとカロリーも抑えられ、カリウムを摂ることができます。

 

 

ジャガイモのでんぷん質でとろみもつきますし、ビタミンCも摂取。

 

 

 

 

 

日本とは違う発想でのレシピ、面白いですね。

 

 

私もぜひやってみようと思います!